引越し挨拶状の書き方
スポンサードリンク

引越し挨拶状の書き方

春と秋は引越しが集中する季節です。
人事異動で急な引っ越しを経験された方も多いでしょう。

 

引越し挨拶は、年賀状などを出し合う親しい人に、新しい住所を知らせるためのものです。引っ越し直後の慌ただしい時期が過ぎて、1カ月ほどしたころに挨拶状を発送するのがいいと思います。

 

文面は次のような簡単なものでいいのです。
「このたび私達は引っ越ししました
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください

 

○年○月○日
住所 ○○○○・・・・・・・○○○○
氏名 ○○○○ 」

 

親しい人に出すのですから、あまり硬い文面でなくてもいいですし、手作りハガキがよく使われます。

 

文例はネットで検索するといくらでも出てきますが、上記のような簡単なもので十分です。味気ないと思うときは、フリー画像を使ってアクセントにすればいいと思います。

出す相手は

引っ越し挨拶状を出す相手は、一般的には年賀状を出す相手と考えていいと思います。今は手紙やハガキを書くのは年賀状ぐらいでしょうから、年賀状の住所が変わりましたという意味がほとんどです。

 

郵便局では転居先に自動的に郵便物を転送してくれるシステムがありますが、これは届出後1年間だけです。2年目からは相手先不明となってしまいますから注意しましょう。

 

年賀状のアドレスから、出さなくてもいい相手は選択から外し、追加したい相手は新たに登録します。こういう印刷は年賀状作成ソフトが便利です。チェックボックスにチェックを入れて、今回は宛名印刷するけれど、年賀状印刷のときには除外するということが簡単にできます。

 

スポンサードリンク