季節の挨拶のことば
スポンサードリンク

季節の挨拶のことば

かしこまった挨拶状には、最初に季節の言葉を書きます。
月ごとの出だしの言葉です。
季節としては一足早めの感じですね。
(出典は株式会社ぎょうせい)

 

1月
初春、新春、年頭、春寒のころ
寒さ堪えがたい
近年にない寒さ
厳寒のみぎり
大寒の節

 

2月
晩冬、残冬、立春、余寒、残雪のころ
残寒激しき折から
春雪もはかなく
雪解けの水もようやく温み

 

3月
早春、浅春、軽暖、盛春、春暖のころ
山野の春光
春とはまだ名ばかりの寒さ
春風駘蕩
春寒ややゆるみ
桃の3月

 

4月
春暖、陽春、春和、仲春、春風麗和のころ
暮春のころ
若草もえる季節
春光あまねく
行く春をおしみ
花信頻に到るころ

 

5月
暮春、残春、惜春、晩春、初夏のころ
向暑のころ
春風ようやく衰えて
吹く風も夏めいて
新緑若葉に映えて
新緑のころ

 

6月
初夏、孟夏、立夏、薄暑、梅雨のころ
向暑のみぎり
暑気にわかに加わり
初蝉の声聞くころ
ようやく農繁の節となり
連日の降雨

 

7月
盛夏、炎暑、酷暑、猛暑のころ
暑さ厳しく
炎威しのぎ難く
大暑、酷暑、盛暑のころ
孟夏のみぎり
夕風の涼味うれしく
夏祭りの賑わいのころ

 

8月
残暑、晩夏、暮夏、早涼、残暑のころ
朝夕涼味を覚え
立秋とは名のみ
青草を蒸すような強い日差し
残暑却って厳しく

 

9月
初秋、新秋、涼の秋、新涼、新秋のころ
秋気ようやく催し
一雨ごとに涼しく
虫の音も美しく
秋の夜長く

 

10月
仲秋、秋涼、秋長、凍秋、秋涼のころ
快い涼風のころ
灯火親しむのころ
秋晴れのころ
スポーツの秋
読書の季節
秋気動きそめ
紅葉もそろそろ見ごろ

 

11月
晩秋、暮秋、深冷、季秋のころ
向寒のみぎり
霜寒のころ
夕風肌寒く身にしむ
取り入れの秋
落莫とした夜長のころ

 

12月
初冬、孟冬、寒冷、歳末寒冷のころ
年内余日なく
年末ご多忙の折から
荒涼たる冬となり
クリスマスが近づき
互寒、厳寒、甚寒、大寒のころ

 

書き方の例。
8月なら
「立秋とは名のみの暑さが続きますが、みなさまお変わりありませんか。」
こんな感じで、月ごとの例からあなたがいいと思う言葉を選んで書き出してみましょう。

 

終わりの言葉も、出だしにあわせるとスマートです。
「まだまだ残暑が続きますが、お体を大切に。」

 

スポンサードリンク